●●マルチ掲示板●●

◈お知らせ・お願い◈画像クリック・タップ)【5町会資源回収日】【町会資源回収場所大ごみ】【資源回収お願い【車いす貸出】

◈いろいろ情報◈【】クリック・タップ)【広報しながわ】【エコルとごし】

【品川いろいろマップ】【ココシルしながわ】【品川区行事等お知らせ】品川区の図書館【O美術館】【ストップ詐欺事例】

写真館(【】クリック・タップ)】【防災ベント】【過去の神社祭り】令和4年神社祭り令和5年神社祭り2023春の花特集しながわ写真館

 🔶🔶新着情報🔶🔶

東京みなと(2024516)

今週18日(土)・19日(日)に、東京クルーズターミナルで【東京みなと】が開催されます。入場無料で「珍しい船の一般公開」「冷凍コンテナ体験」「ボートステージ」「謎解きクイズラリー&抽選会」「ポートキッチン」など、海・港をタップリ満喫できるイベントです。りんかい線の東京テレポート駅から無料シャトルバスなど会場までのアクセス・無料シャトルバス時刻表・イベントの詳しい内容はこちらからです!

サツキ(2024516)

区の花」のサツキが「戸越公園」「池田山公園」で見ごろを迎えています。画像はこちらからです。さて、品川区には「区の花」のほか「区の木」「区の鳥」が決まっています。そこでクイズです!正解は❓区の木は2本ですが【イチョウとクスノキ】【イチョウとカエデ】【カエデとクスノキ】【カエデとシイノキ】【シイノキとケヤキ】区の鳥は【スズメ】【シラサギ】【ユリカモメ】【ヤキトリ】【ハト】答えはこちらから

自転車注意!(2024515)

町会では毎月10日の「区の交通安全日」を中心に、芳水小学校の登校時間に、百反通りから芳水小学校に向かう道路:通称「芳水坂」の2か所で【交通安全見守り】の活動を行っています。長い長い芳水坂には横からの坂道が幾つかありますが、朝8時前後は多くの通勤者や通学する子供たちでいっぱいです。また保育園に行く子供連れの親子も見受けます。

そこで自転車利用者の皆さんへ・・・時に横からの坂道も含め、ドキッとする・ヒヤッとすることがあります。それは自転車のスピードです。「一分でも一秒でも早く駅に!なのでしょうか!」スピードの出し過ぎは安全な通勤・通学をおびやかす危険な行為です!「そんなに急いで何秒の差があるのでしょう❓」自転車事故が多発しています。そのため自転車利用の安全化が強く求められています。自転車利用の皆さんスピード落とそー・注意❕注意!

オー(2024514)

5月11日の夜日本各地で、夜空に美しい光のカーテンが広がる【オー】が観測されました。太陽の表面が爆発する【太陽フレア:国立科学博物館の詳しい内容はこちら】が関係していると言われています。日本ではめったに見られない【オー】です。最後の画像は人工的に作られたものです(画像クリック・タップ

防災フェスティバル(2024513)

戸越銀座商店街で5月28日の日曜日14:00〜18:00に【防災フェスティバル】が開催されます!「防災クイズラリー」「紙芝居で学ぼう」「まちかど地震体験」「放水体験」などなど大人も子供も楽しめる企画が盛りだくさん!イベントの内容・会場マップなど詳しい内容は(画像クリック・タップ

広報しながわ(2024513)

広報しながわ5月11日号です・主な内容は!【1面トップ・2面:近くの公園で花などを育てませんか❓】【p3:支え愛・ほっとステーション「支え愛ミーティング】【p6:しながわ学びの杜専門講座・星薬科大「春の薬草見学会」・戸越銀座「まちなか防災フェスティバル・品川&早川ふるさと交流「虫とりと川遊び体験ツアー】【p7:ヘルプカードを知ってますか❓】【p8:ヘルシーおやつ教室「こねない・簡単パンづくり】記事全文詳しいこちらから

薬草(2024511)

星薬科大学」で【春の薬草見学会】が5月25日の土曜日午後1時〜3時まで開催されます!講座と薬用植物園見学と学生のアトラクションです。申込不要・詳しい内容のチラシはこちらから!(画像クリック・タップ

新緑真っ盛り(2024511)

5月10日!流石に新緑真っ盛りの林試の森そして新緑に囲まれた目黒のお不動さんです(画像クリック・タップ

わっくわくランド(2024510)

今週12日の日曜日に、区役所前のしながわ中央公園で、児童センター25館合同の【わっくわっくランド】開催されます。午前10時半から午後3時30分まで!詳しくはこちらから・デジタルパンフレットの右の矢印をクリックすると、「児童センターのとは」「当日のおやくそく」「イベント会場の配置図」など、詳しい内容が紹介されています!

あいすくりん(202459)

1964年(昭和39年)そのシーズンが始まる連休明けの時期5月9日を「アイスクリームデー」と決めた日です。日本初のアイスクリーム(氷菓)は、1869年(明治2年)に横浜の馬車道通りに開いた「氷水屋」で、「あいすくりん」という名称で製造・販売して値段は2分(現在の価値で約8000円)と大変高価なものだったそうです。アイスクリームは、その形で「カップ・スティック・モナカ・コーン」に分類されていますが、この夏!小さな子どもたちからお年寄りまで,幾つのアイスクリームを頬張るでしょう!(画像クリック・タップ